ライフラインの手続きについて

引越し先に荷物を搬入することができたら、いよいよ新居での生活が始まります。生活をしていくために必ず必要になるものが、電気やガス、水道などのようなライフラインの確保になります。

sh90 (70)

こういった設備を使用するためには、専門の業者に立ち会ってもらうことが必要になる場合も有り、特殊な手続きが必要になるために、その手順を覚えておきいち早く快適な生活を送ることができるように務めることが重要になります。

 
電気を使用する場合、通常はブレーカーの電源が落ちているために、電気が入らない状態になっているものと思われます。そのために、電気を使用するためには、ブレーカーのスイッチを入れなくてはなりません。

 

アンペアブレーカー、漏電遮断機、配電遮断機などの種類が存在しており、これらすべてのスイッチを入れることによって、電気が使用できるようになります。無事に電気が使用できるようになったことを確認できたら、新居に置いてある電気使用開始連絡はがきに必要事項を記入した上で投函することによって、電気が使用できるようになります。

 

水道を使用する際の手順も電気とほぼ同じものであり、メーターボックス内にある水止栓を開栓することによって、水道を使用できるようになります。この時も電気と同じく無事に水道が使用できることが確認できた場合、新居に置いてある、水道使用開始はがきか、水道使用申し込みはがきに必要事項を記入した上で投函します。

 

電気や水道と違って、業者の立会が必要になるのが、ガスの使用を開始する際です。ガスの使用を開始するためには。引越し前に、ガスの開栓をガス会社に依頼しておくことが必要となります。事前に依頼をしておくことによって、担当者が指定した日に、ガスの開栓を行ってくれることになります。

コメントは受け付けていません。