冷蔵庫は面倒に思える

これから引越を行う方もいらっしゃいますよね。引越の際、家電製品には注意が必要なものもありますので注意しましょうね。

so26

その中のひとつ、冷蔵庫。冷蔵庫は引っ越す前日から電源を切っておくことが理想。なぜかというと、移動中に水漏れなどを起こしてしまう可能性があるから。そうなると、引越の最中に廊下や部屋を汚してしまう可能性がありますし、引越業者の方の迷惑となってしまいます。冷蔵庫のタイプによっても異なりますが、できることなら2日前から電源を切るようにしましょう。

 

 

 

特に、自動製氷機つきの冷蔵庫や、霜とり機能がついていない冷蔵庫は要注意。それ以外の冷蔵庫でも、電源を切ることで冷蔵庫内にある水分が、最下部についている蒸発皿にたまることがあります。引越当日まで冷蔵庫は使いたい、という方も多いと思います。しかし、移動中のことを考えると、やはり余裕をもって電源を切るなどの準備を行った方が良いのではないでしょうか。

 

 

また、冷蔵庫に関しては引越後も注意が必要となります。冷蔵庫は動かすことで、ガスやオイルなどが揺れるために状態が不安定になっている可能性があります。そのため、引越後1時間程度は、電源を入れない様にしましょう。こういったことを気をつけることで、冷蔵庫の寿命を長持ちさせることもできます。

 

 

引越後、冷蔵庫が壊れて「また出費…」なんて嫌ですよね。冷蔵庫を長く使うためにも、ちょっとした我慢、ちょっとした工夫を惜しまないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。